摂り過ぎ注意!骨が弱くなる栄養素
ホーム > 摂り過ぎ注意!骨が弱くなる栄養素

摂り過ぎ注意!骨が弱くなる栄養素

こんにちは!

東かがわ市で

はり治療・整体・交通事故治療をおこなってます

アイリス接骨院・鍼灸院です。

 

カルシウム

ビタミンD

ビタミンK

骨を強くする栄養素についてお話してきました。

 

今回は、

取り過ぎると骨が弱くなってしまう

栄養素についてお話ししますね!

 

みなさん

“リン” という栄養素をご存知でしょうか?

 

リンは

すべての生物に必須のミネラルで、

生命活動に重要な役割を担っています。

また、

カルシウムとともに

骨格を形成する働きもあります。

 

骨を形成する

ミネラルなんだから、

たくさん摂れば骨が強くなるんじゃないの?

 

…と思いますよね。

 

ところが!!

 

リンの摂り過ぎは

逆に骨を弱くしてしまうんです。

 

なぜかというと…

 

血液中にも

リンは含まれているんですが、

血中のリンと

カルシウムのバランスは

3:10~7:10で保たれています。

この比率が崩れてリンが多くなると、

バランスを維持するために

骨に使われている

カルシウムを分解して、

血中に取り込んでしまうんです。

 

そのため、

リンの取りすぎは

骨をもろくする結果となります。

 

リンは、

様々な食品に含まれているため、

普通に生活している分には、

足りなくなることはまずありません。

 

むしろ、

即席麺やスナック菓子、

清涼飲料水、その他加工食品に

リン酸塩として

よく使われているので、

それらの摂取が多いと

摂り過ぎになる可能性があります。

 

健康維持には、

適度な運動

バランスの良い食事

質のよい睡眠

が大切ですが、

骨を丈夫に保つためにも

バランスの良い食事をこころがけ、

インスタントラーメンや

加工食品の食べ過ぎには

注意しましょう。

 

 

HPはこちらから→→アイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)

 

事故に遭ってしまったら→→東かがわ市・さぬき市の交通事故はアイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)交通事故ページ



«   |   »