筋肉のインナー、アウターって??
ホーム > 筋肉のインナー、アウターって??

筋肉のインナー、アウターって??

こんにちは!

東かがわ市で

はり治療・整体・交通事故治療をおこなってます

アイリス接骨院・鍼灸院です。

 

前回は、

最近注目の

インナーマッスルについて簡単にお話ししました。

 

今日は、

インナーマッスルについて

もっと詳しく説明していきますね!

 

まずは質問です。

みなさん、

筋肉には2つの種類があるって

ご存知ですか?

 

1つは

アウターマッスルといって、

身体の外側を覆っている筋肉です。

 

ムキムキのボディービルダーを

想像してみてください。

あの、いかにも!って感じの

外から見える筋肉がアウターマッスルです。

 

アウターマッスルは、

腹筋や腕立て伏せなど、筋肉トレーニングで

比較的簡単に鍛えられる部分です。

 

瞬発力を必要とするスポーツや、

無酸素運動に使われる筋肉で、

その色から”白筋”とも呼ばれます。

 

おさかなでいうと、

ヒラメやタイなどの白身魚の色が

イメージしやすいと思います。

 

そして、

もう1つの筋肉が

今回の主役、インナーマッスル。

 

”白筋”に対し”赤筋”と呼ばれ、

身体の中心に近い部分、

例えば股関節や肩関節、背骨についている

小さな筋肉のことを指します。

 

こちらは、

マグロやカツオなどの赤身の魚の色ですね。

 

インナーマッスルは、

アウターマッスルに覆われて

外から見ることはできません。

 

インナーマッスルの主な働きは、

骨格、関節、内臓を支えること。

 

アウターマッスルのように

身体を動かすと言うよりは、

姿勢や内臓などを保持し、

安定化を図るための筋肉です。

 

インナーマッスルは

アウターマッスルより

疲労しにくく、持久性に富んでいます。

 

有酸素運動で鍛えることができますが、

インナーマッスルを効果的に鍛える

トレーニング方法は、まだ確立しておらず、

じぶんで鍛えるのは難しいのが現状です。

 

筋肉は全部で650種類あり、

そのうち、なんと9割が

インナーマッスルだそうです。

 

インナーマッスルは

加齢や運動不足などで

徐々に衰えてしまいます。

 

でも、

衰えるに任せて何も対策しないと、

そのうち大変なことに…!!

 

この続きは、次回詳しく

ご説明していきますね!

 

 

HPはこちらから→→アイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)

 

事故に遭ってしまったら→→東かがわ市・さぬき市の交通事故はアイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)交通事故ページ



«   |   »