むちうち患者さんの転院理由
ホーム > むちうち患者さんの転院理由

むちうち患者さんの転院理由

こんにちは!

東かがわ市で、

整体・はり治療・交通事故治療をおこなっています

アイリス接骨院・鍼灸院です。

 

みなさんは病院や治療院を選ぶとき、どんなことを基準にしていますか?

先生の腕がいいこと?院の雰囲気?受付さんがかわいいこともポイント高いですよね(笑)

 

今日は、ある交通事故患者さんの例を通して、通院先を選ぶ際の重要なポイントについてお話ししたいと思います。

 

『むちうち患者さんがアイリスに転院してきた理由』

 

アイリスには他の病院や整骨院から転院されてくる方がたくさんいらっしゃいます。

 

今日ご紹介するAさんもその一人。

5か月前に信号待ちで後続車に追突され、つい最近までむちうちによる首の痛みと手のしびれ、右肩の可動域制限に悩まされていました。

 

Aさんが当院にいらっしゃった時、交通事故からすでに3か月が経過していました。

 

通常、交通事故から3か月も経過していれば、むちうちの状態はかなり安定しているはずです。

しかしAさんの場合、交通事故から当院へ通院するに至るまで適切な治療を受けることができなかったため、時間の経過とともに症状が複雑化し治りにくい状態になっていました。

 

交通事故後、最初に通院した病院では、内服薬と湿布の処方のみで1か月程度通院しても全く改善が見られなかったそう。

 

その後、病院近くの整骨院に転院されましたが、待ち時間が長いことに加え、ウォーターベッドやメドマーなど施術以外のメニューが多く、会社勤めのAさんには通院にかかる時間が負担だったそうです。

通院するたびに毎回2時間も費やすので、次第に通院がおっくうになり、徐々に足が遠のいてしまったとおっしゃっていました。

症状もあまりよくならず、インターネットであちこち探した結果、当院にたどり着いたということでした。

 

『交通事故の治療は通いやすいところがベスト』

 

交通事故の患者さんにとって、通院しやすい医療機関を選ぶのはとても大切なことです。

 

交通事故によるむちうちの場合、体の状態が変化しやすく、当初はなかった症状が数日後に出てくる…といったことがよくあります。

そのため、より手厚い治療が必要となりますし、通院間隔もあまり空かない方が望ましいのです。

 

医療機関が遠かったり待ち時間が長かったりすると、通院自体が難しくなりますね。

そうなると、症状の変化にきめ細かく対処することができないので、改善まで時間がかかったり、最悪の場合後遺症が残ってしまうことも考えられるのです。

 

待ち時間に関して言えば、アイリスは予約制ですので、お待たせすることはほぼありません。

開院当初は受付順に施術していたのですが、患者さんのお時間を大切にしつつ、治療時間を確保するために予約制にしました。

患者さんからも「待たなくて済むのはうれしい」「通いやすくなった」と好評です。

ちなみに、アイリスでは本当に必要な施術しかしませんので、“おまけ”のメニューに長時間かかるようなこともありません。

 

 

冒頭で登場したAさんも、会社帰りの時間に合わせ、初日に1か月分の予約を取って帰られました。

 

 

『先生の腕ももちろん大切ですが…』

 

正直、Aさんの場合は交通事故からかなり時間が経過していたので、回復するまで時間がかかりそうだと思いました。

それでも、最初の2週間は傷めた筋肉と関節の働きを取り戻す施術を中心に、その後は体のバランスを整える施術と運動療法とを組み合わせて行い、2か月後にはほぼ全ての症状を解消することができました。

きっとAさんには当院の施術が合っていたのだと思います。

でも、何より回復に貢献したのは、Aさんがきちんと指導通りに通院してくださったこと。この一言に尽きます。

 

どんなにすばらしい治療でも、最適な頻度で通えなければ体は治っていきません。むちうちのような大きなケガならなおさらです。

もし交通事故で通院先を選ぶことになったら、「先生の腕」はもちろん「通いやすいかどうか」もぜひチェックしていただきたいと思います。

 

もしも東かがわ市で交通事故に遭われたら



«   |   »