脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由
ホーム > 脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由

脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由

 

こんにちは!

 

香川県東かがわ市で

はり治療・整体・交通事故治療をおこなっています

アイリス整体院です。

 

脊柱管狭窄症シリーズ第2弾!!

今日は、

【脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由】

についてお伝えしていきます!

 

脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由

 

脊柱管狭窄症が良くならない理由はたくさんあるのですが、

今日は大きく2つの原因に分けてお話していきます。

 

理由その① 原因がよく分からない

 

本人も治療家も、なぜ脊柱管が狭くなるのか、

本当のところはわかっていないことが多いんです。

 

もちろん、

 

骨の変形だったり、

椎間板の変形だったり、

脊柱管内の靭帯が肥厚していたり、

分離すべり症があったり、という

目に見える「原因」についてはレントゲンやMRIなどで分かります。

 

でもここでいう原因とは、

そういった目に見えるものではなく、

そもそもなぜ骨が変形したのか、

なぜ靱帯が肥厚したのかといった、

「そもそも“なぜ”こうなったのか?」

という根本的な変化の原因の事なんです。

 

これが突き止められないと施術の計画が立てられないですし、

そもそも治療の方向性すら分からないですよね。

 

治療の方向性が分からないとなると、できることは対症療法に限られます。

 

出てきた症状を、モグラたたきみたいにとりあえずたたくことしかできません。

 

根本解決するには、モグラたたきマシーン(?)の電源を切ったらいいんですけど、

切り方が分からないから延々たたき続けるっていう状態です。

 

 

理由その② 患者さん自身が待てない

 

実は、脊柱管狭窄症は、症状が出てくるまでに

短くても5年以上

はかかっていると考えられます。

 

本人の生活スタイルや、動きの中の問題点が少―しずつ蓄積して、

ほんとにちょっとずつ、

まるで天井から滴るしずくが鍾乳石を作るみたいにじわじわと、

脊柱管内部が狭くなってくるんです。

 

他のケガ、例えば捻挫とか骨折のように外力が加わったものだったり、

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのように、

ある日突然狭窄症になることはまずあり得ないです。

 

正確に言えば、ギックリ腰や椎間板ヘルニアだって動きの問題が関係しています。

でも、脊柱管狭窄症は、その根本的な問題の部分が何度も何度も繰り返されて、

相当な時間をかけて変性した問題点の結晶です。

 

熟成に熟成を重ねた秘伝のたれのようなものです。

 

で、その超熟成させた脊柱管狭窄症から身体を回復させようと思ったら、

原因となっている部分を変化させていく必要があります。

 

そして、その変化を作るには長い時間がかかるので、

治すのにも当然かなりの時間がかかります。

なんせ長年にわたる問題点の結晶を少しずつ少しずつ溶かしていくわけですから。

 

でも、患者さんからしてみれば、頑張ってもすぐに結果が出るわけじゃないので、

本当にゴールに向かっているのか、

もしかして脇道にそれてしまったんじゃないか

とすごく不安になってしまうんです。

 

そうなると、一時的にでも痛みが紛れる方へ流れてしまい、

湿布をしてみたり、

病院や整骨院で腰を牽引してもらったり、

バキバキする矯正やその場しのぎのマッサージを受けるなど、

対症療法に走ってしまいます。

 

これでは原因にアプローチできていませんので、

残念ながらゴールには一向に近づいていかないというわけです。

 

今日は、

【脊柱管狭窄症がなかなか良くならない理由】についてお話ししました。

 

次回のテーマは、【治療前の最重要ポイント】です!

 

脊柱管狭窄症でお困りならアイリス整体院へ

 

 



«   |   »