五十肩・四十肩
ホーム > 五十肩・四十肩

五十肩・四十肩

 

つらい四十肩・五十肩…

整骨院や病院に行っても

良くならないあなたへ

 

五十肩 四十肩 画像

 

こんなお悩みありませんか? 

  • ちょっと動かすだけで肩にズキンと痛みが走る
  • ズボンを上げる際に肩に激痛が来る
  • 腕が上がらず服の袖に手を通せない
  • 夜中に寝返りのたびに痛みで目が覚めてしまう
  • この五十肩と一生付き合う必要があるのか、不安
  • 病院や整骨院に行っても一向に改善されない

矢印

 

そのお悩みお任せ下さい!
五十肩・四十肩の専門家が
責任を持って施術します!

 

優良治療院 あさイチ

当院で治療を受けた患者様の声です

さぬき市  T.Y様 50代 五十肩

寝る時にも痛みで目が覚めるほどでした

五十肩 女性 50代肩が痛くて腕が上がらず、寝る時にも痛みで目が覚めるほどでした。
寝る体勢に気を付けたり、どうしても我慢できない時は鎮痛剤を服用していました。

最初はまともに上がらなかった腕が、治療のたびに少しずつ上がるようになってきました。
このままだったらどうしようと不安になっていましたが、改善の兆しが見えたことで 気持ちもずいぶん楽になりました。
痛みだけでなく気持ちも楽にしていただきました。
もう少しで以前のように腕が上がるようになりそうなので、その日を楽しみに通い続けたいと思っています。

痛みがあると不安であったり、家事や仕事も辛いです。
辛い思いをしながら生活するのは家族にも心配をかけてしまいますので、家族のためにも早く治療してもらうといいと思います。アイリスさんをお勧めします!
※効果には個人差があります。

「薬に頼らなくなりました!」 東かがわ市  K.Y様 60歳 五十肩

仕事が事故前より楽にできるようになりました

急に右肩が痛くなり腕が上がらなくなって、着替えるのがかなりつらい状態でした。 病院に行ってレントゲンを撮ってもらいましたが特に異常は見つからず、シップと痛み止めを処方されました。

 

まだ腕を上げる時に少し違和感が残っていますが、痛みはかなり取れて楽になりました。着替えもずいぶん楽になりました。 痛み止めを飲み続けることが不安な方や、痛み止めで胃が痛くなってしまう方にお勧めします。薬に頼らなくて済むようになります。

 

どういう時に一番痛いか、この痛みによってどういう時に困っているのかをきちんと理解して言い当ててもらえた時に、信頼できるなと思いました。
※効果には個人差があります。

 

 

なぜ当院で
こんなに五十肩・四十肩
改善されるのか?

 

なぜ、病院では五十肩はよくならないのか?

良くならない理由

五十肩は命に関わる緊急性の高い疾患ではないですし、「年のせい」として軽視されがちです。

さらに、放っておいても時間が経てば痛み自体は治まるため、対症療法で様子を見る、というのが一般的な対応なのです。

しかし、痛み止めの薬や湿布で一時的に痛みはなくなりますが、根本となる“五十肩の原因”は取り除かれていません。

根本的な原因にアプローチを行わなければ、五十肩がよくならないのは当然のことといえます。

【五十肩・四十肩とは?】

「動かしても動かさなくても肩が痛い」

「腕が肩の高さまで上がらない」

 

肩の痛みといえば、一番に思い浮かぶのが肩こりです。

そのせいか、五十肩と肩こりを混同する人も多いのですが、実はこの二つはまったく違うものです。

五十肩は、その名の通り四十代後半から五十代の方に発症することが多い疾患で、正式には「肩関節周囲炎」といいます。

肩こりは首のつけ根の筋肉が疲労することで起こるのに対し、五十肩は肩関節の周囲の炎症が原因で起こります。

五十肩の症状として特徴的なのは、「肩から腕にかけての強い痛み」と「腕の動きが制限されること」の2つです。

肩こりの場合、腕の動きが制限されることはありません。

五十肩は、ある日突然激痛に襲われることもあれば、徐々に痛くなってくることもあります。

徐々に痛くなってくる場合がほとんどで、突然猛烈に痛くなることはそれほど多くはありません。

【五十肩・四十肩の原因は?】

整形外科的には、年齢を重ねることで肩関節の骨、軟骨、靱帯や腱などが老化し、肩の周囲に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

しかし、五十肩は50代でも発症しない方が大半であるのに対し、早い方では20代後半から発症する場合もあります。

安易に「年のせい」と考えず、発症のルートを見つけなければなりません。

まず、五十肩には2つのタイプがあります。

動きの悪い股関節と反対側の肩が炎症が起こるタイプと、同側の肩に炎症が起こるタイプです。

人間は現在は二足歩行ですが、もともと四足歩行で移動していたという歴史があります。

ですから、股関節には後ろ脚として、肩関節には前足としての役割があり、お互いに連動して動くという密接な関係にあります。

今でも人が歩く時は、体が安定するように「右足と左腕」「左足と右腕」が、たすきがけの組み合わせとなって前後に同じ動きをします。

そのため、一方の股関節の動きが悪くなると、連動する反対側の肩関節の動きも悪くなって炎症を起こすのです。

これがひとつ目のタイプで、いわば「普通の五十肩」です。

ふたつ目は動きの悪い股関節と同側の肩に炎症が起こるタイプですが、これはひとつ目のタイプに比べ「重症の五十肩」です。

このタイプの五十肩は「過去の五十肩の反対側に発症する」ことがよくあり、肩関節の強い運動制限・痛みに加え、腕のしびれを伴います。

首や肩が痛み、腕がしびれる疾患は「頚肩腕症」と呼ばれています。

重症の五十肩は慢性的な首や肩の歪みや炎症による「頚肩腕症」と、「肩関節の変形」が合併したものなのです。

したがってこの五十肩には、頚肩腕症の治療と肩関節の治療が必要になります。発症の経緯からみても、完治には少し時間がかかります。

当院での改善方法

施術 風景

「普通の五十肩」への施術ですが、まずは股関節の動きの悪さを改善することが重要です。

股関節の動きは骨盤が歪んでいると悪化しますから、骨盤を整えて股関節と肩関節の連動を回復していきます。

そして適切なアイシングにより肩関節の炎症を鎮めていきますと、五十肩はよくなっていきます。

「重症の五十肩」については、「普通の五十肩」への施術に加え、頸肩腕症へのアプローチを行います。

股関節・骨盤・肩関節に加えて、頸椎や肘・手首などの上肢にも影響が及んでいないか精査し施術していきます。

この時、肩を温めると表面上の痛みは軽減しますが、関節内部には炎症の熱が慢性的に残ることになり、治癒を遅らせる結果になりますので、適宜アイシングをしていただきます。

 

 

お試しキャンペーン 初めての方限定 ホームページを見て

メールフォーム

 

他院との違い 5つの理由

1.安心・納得の充実したカウンセリング

当院のコンセプトは、

「納得して施術を受けていただくこと」

 

「検査もせずに、うつ伏せにさせてすぐ揉む」などということはしません。

まずは必要な検査を行い、お体の状態を把握し、現状や施術についてわかりやすく説明してから施術に入ります。

もしその時点でご納得いただけない場合は、そのままお帰りいただいても結構です。

大切なのは患者様と施術者の信頼関係です。

二人三脚で症状改善と、快適で健康な毎日を目指しましょう。

 

2.根本改善とアフターフォローで痛みがぶり返さない

 

根本をしっかり改善するので、症状が再発しにくいお身体に。

さらに、今の体の状態に合った日々のセルフケア方法や、施術効果を長持ちさせる方法などもお伝えするので、ご自身でメンテナンスをして快適な状態をさらに持続させられます。

 

3.ボキボキしない、ソフトな施術

 

首の体操

強い施術の方が効くと思っていませんか?

強い力で痛い施術をされると「されてる感」はしますよね。

しかし、人間の体は痛みを感じると、防御反応で筋肉を固めてしまいます。

強い施術は体を緩めるには逆効果。それどころか、体のバランスを壊して腰痛をひどくしてしまいます。

当院の整体はとてもソフトでボキボキするような施術は一切行いません。

 

4.経歴15年、臨床経験豊富 院長自ら責任を持って施術

豊富な知識・高い技術を持った院長が自ら施術を行います。

治療院業界ではどうしてもスタッフだと施術の質が落ちることが多いですが、当院ではそういうことは一切ございません。

また、常に最新の技術や知識を習得して高いレベルの施術ができるよう、現在でも年間30回以上勉強会に参加するとともに、自身でも技術セミナー講師 としても活動しています。

 

5.本物のオーダーメイド施術

「病院では薬やシップだけ…」

「整骨院では毎回同じ施術…」

「通院のたびに担当の先生が変わり、毎回施術方針が違う…」

これらは他院に通っていた患者さんからよく耳にする言葉です。

お体は常に変化していくものです。マニュアル化された流れ作業のような施術を漫然と続けてもお体が良くなることはありません。

ましてや、毎回方針が変わるような行き当たりばったりの施術は問題外です。

当院では、その時々のお体の状態を見ながら、院長自らがカウンセリングから施術までを責任もって担当し、常に最善の施術をいたします。

その日の状態や症状にもフォーカスして施術していきますので、毎回同じ施術になることはありません。

 

プロの治療家から
推薦の声を頂いています!

 

患者さんの想いに寄り添う先生です


おかの整骨院
院長 
岡野 周太朗 先生

千葉の成田で整骨院を開業している岡野周太郎と申します。
治療院選びをされるときの不安って何がありますか?
技術?先生の人柄?設備?金額? 色々ありますよね?

笠井先生は 特に最初に挙げた二つ。
技術と人柄、ここについては本当に間違いのない先生です。 とりわけ、患者さんの想いに寄り添うという点では本当にすごい先生です。

ついネガティブになってしまう気持ちをちゃんと支え、患者さんの体の問題点、不安から考えてくれます 技術の高さだけでなく、長く長く悩んでいる体の辛さには回復するのに一緒に頑張ってくれるパートナーが必要です。
是非、一度相談してみてはいかがでしょうか?もしお近くで困っているようでしたらお勧めします。
あなたの今悩んでるお体とその不安をちゃんと受け止めてくれますよ。

 

同業者からの信頼も厚い先生です


ニュートラル
院長 梅原 裕介 先生


笠井先生は自分を磨くことに手を抜かない真面目な方です。
一見、穏やかで物静かに見えますが、治療にかける情熱は並々ならぬものがあります。
高い技術、知識を持ちながらも、偉ぶることなど全くなく 常に患者さんの心に寄り添い、的確な施術と分かりやすい説明を心掛けていらっしゃいます。
同業者からの信頼も厚く、私もその一人ですが、その知識の豊富さにはいつも驚かされます。
プロの私でさえ、笠井先生の施術を受けることのできる地域の方々は本当に幸せだと羨ましく思います。
自身のお体を本当に大切に思っているなら、当然プロが身を預けたくなるような本物の先生に診てもらいたいですよね。
もし、このHPをご覧のあなたが、

●どこに行っても治らない
●もう治療院巡りを終わりにしたい
●単なるマッサージではなく、身体を根本的に改善したい

このようにお考えなら、ぜひ笠井先生に相談してみてください。 きっと期待に答えてくれるはずです。

 

安心感を自然と与えてくれる先生です


ウェルネスかつしか
院長 坂田
 靖延 先生

都内で整骨院をしております。 坂田と申します。
皆様は自分の体を誰かに治療してもらう時に何を基準にしていますか?
私は正直、安心感があるかないかです。技術はどちらの先生もあって当然だと思っていますので。
笠井先生は私に取ったらお兄ちゃんみたいな存在です。
顔を見たら一番に話しかけたい。
そんな頼りたい気持ち、安心感を自然と私に与えてくれます。
治療が私に合うかな、この先生は私を理解してくれるかな。 なんてお悩みを抱いている方、この笠井先生は体は小さいですが、全てを受け入れながら、 あなたを必ずゴールに近付けます!
ぜひ、笠井先生を信じて見てください!私が保証します!

 

お試しキャンペーン 初めての方限定 ホームページを見て

メールフォーム

会社概要

アイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)

住所 : 〒769-2705
香川県東かがわ市白鳥267-1
電話:0879-49-0951