坐骨神経痛
ホーム > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛専門の整体

 

注射、湿布、マッサージ、安静・・・

整骨院・整体に行っても、

何をやっても、

良くならないあなたへ

 

坐骨神経痛

 

こんなお悩みありませんか?

  • 痛み・しびれで足に力が入らなくなることがある
  • 整形で坐骨神経痛といわれた
  • 腰から足にかけての痛み・しびれが1カ月以上続いている
  • ボルタレンやロキソニンでなんとかごまかしている
  • 長時間立っているのがつらい
  • 整骨院や整形で牽引や電気治療をしたが、一向によくならない
  • ごまかしながら一生付き合っていくものと諦めている

矢印

 

そのお悩みお任せ下さい!
坐骨神経痛の専門家が
責任を持って施術します!

 

優良治療院 あさイチ

多くの方から
喜びの声を頂いています!

 

木田郡三木町  Y.T様 30代 坐骨神経痛

仕事に復帰できました!

%ef%bd%88%ef%bd%90%e7%94%a8%e5%a3%b0%e3%80%80y-t-30%e4%bb%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7 長い間腰痛があり、昨年夏頃より左下肢の痺れ・疼痛があり、整形外科にて治療するも症状残存。
坐骨神経痛に鍼治療が有効であると知り受診しました。

仕事にも復帰できて、痛み・痺れのない日もあります。
以前と比べるとずいぶん楽になりました。

施術前・施術中・後と常に疼痛や症状の確認をしていただき安心・信頼でき、施術後いつもスッキリ症状が和らいでいます。
腰痛・肩こり・坐骨神経痛で悩んでいる方におすすめです。

 

※効果には個人差があります。

東かがわ市 60代 女性 坐骨神経痛

趣味のガーデニングを続けられています

坐骨神経痛 ガーデニング 患者の声 趣味のガーデニングでは中腰になることが多く、痛みを感じてもコルセットや湿布でごまかしながら過ごしていました。
しかし、段々と腰の痛みとお尻の痛みが強くなってきたため、病院で診てもらったところ坐骨神経痛だと言われました。
まず安静にしましょう。痛み止めを飲みましょう。と言われ、その通りにしていたのですが、あまり改善せずこちらに来ることに。
初回にしっかり説明をしてもらい、ここならよくなるかもと思えたので、もう一度来てみました。
数回でしょうか、通う度に楽になり、少しずつ痛みが軽くなっていきました。
ある日、主人から最近痛い痛い言わなくなったなって言われ、腰の痛みを忘れていたことに気がつきました。
以前は中腰の姿勢が続くと腰が固まったようになり、立ち上がるのが大変でしたが、今ではすっと立ち上がれるようになり、長時間庭の手入れをしても平気です。
腰が痛かった時は植え替えが億劫だったのに、近頃は次にどんな花を植えようか考えるのが楽しくて仕方ありません。
思い切ってアイリスさんに通って本当に良かったと思っています。

 

※効果には個人差があります。

 

 

 

なぜ?アイリスでは

こんなにも坐骨神経痛が改善されるのか?

 

 

坐骨神経痛がよくならなかった理由

良くならない理由

1コルセットではよくならない理由

 

動かさないのはかえって悪い

 

コルセットは体の中の腹圧を高め、背骨や筋肉にかかる負担を肩代わりしてくれるため、 体幹を安定させてくれる非常に優れたものであることは間違いありません。

しかし、有用なのは痛みが強い時だけです。

コルセットを長く着けすぎるのはよくありません。

長時間のコルセットの使用は本来であれば働くはずの筋肉の動きを制限してしまい、 筋肉自らの力を必要としなくなるため筋力の低下を起こす場合があります。

コルセットは腰の痛みを和らげてくれるものではあるが、腰痛自体を改善するものではないのです。

 

 

 

2牽引治療が与える影響

 

引っ張る治療は体に悪い

 

首や腰を痛めて整形外科や整骨院にかかると決まって首や腰を引っ張る牽引治療が行われます。

これは神経の圧迫を取り除こうとして、単純に圧迫面を引っ張って引き離す『牽引』という手法が取り入れられているのです。

しかし、牽引は効果に乏しい上、めまいを起こしたり体調を崩したりする方が多くいます。

体を治療しているのに何故このような問題が起きるのでしょうか?

人は重力の下で生活しています。

牽引によって重力に対抗し、一時的に圧迫を取り除いたとしても、 牽引をやめれば元に戻ってしまうので、根本的な治療にはなりません。

そもそも人の体は、生まれた時から1Gという重力で地面に押し付けられているため、 押される力に強く、引っ張られる力に弱くできています。

上下に引っ張る牽引は、体を治すどころか悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

 

3マッサージで良くならない理由

 

悪循環に陥るおそれがある

 

こんな事を言うとビックリされるかもしれませんが、マッサージを受け続けても体は良くなっていきません。

なぜかというと…

 

①まず、肩こり・腰痛の自覚症状が出る。そしてマッサージをしてもらう。

②マッサージによって筋肉の繊維が潰れ、再生しようとする。

③血流が良くなり肩こり・腰痛が改善される。

 

ここまでは問題ありません。次からが問題です。

 

④筋肉は潰されないよう対抗するため、さらに筋肉の繊維が固くなる。

⑤また肩こり・腰痛を感じ、マッサージをしてもらう。

⑥そして①から⑤を繰り返します。

⑦数回通うと初回のような強さでは満足できず、さらに刺激を強くしてもらう。

 

後は①からエンドレスで繰り返すようになってしまいます。

 

マッサージを受け続けると、どんどん筋肉が固くなり、肩こり・腰痛はひどくなっていきます。

決してマッサージを受けるなと言っているのではありません。

しかし、マッサージでは肩こりや腰痛がよくならないことを知っておく必要があります。

体の不調の原因は筋肉だけにあるのではありません。

まず原因はどこにあるのかを探り見極め、それに合わせて必要な施術をしていくことが大切です。

 

 

 

4あなたの痛みに薬やシップが効かない理由と効く理由

 

シップは腰痛を「治す」わけではない

 

湿布や薬は痛みを軽くすることが主な効能であり、腰痛を「治す」効果はありません。

湿布や痛み止めでは、「根本的な腰痛解消」とはならないのです。

腰痛を治すのに必要なのは、湿布や痛み止めではなく腰痛の発生原因に対処することです。

湿布や痛み止めでは根本的な腰痛の原因を解消することができませんので、結局はその場しのぎにしかなりません。

 

 

 

 

5『最後の砦』外科的処置・手術でよくならないたった一つの理由

 

手術が必要と言われたあなたに、ぜひ知っておいてほしいことがあります。

そもそも手術には

 

①症状の根本的な原因が手術する部分に存在し、手術によって原因と症状を同時に取り除けるもの

②症状の根本的な原因は手術する部分にはないが、症状を取り除くために消去法的に行うもの

 

という2つの種類があります。

 

骨折などの原因が明らかな手術は①に当たりますが、それ以外の多くの手術は②にあたります。

すなわち、症状が出ている理由を取り除くのではなく、痛みや苦痛に対してとりあえず病巣を取り除こうという消極的な理由から行う手術であるということです。

その場合、症状の根本的な原因はそのまま放置されるため、数年後にまた同じ部分に症状が出たり、今度は違う部分に負担がかかって傷めたりしてしまうのです。

手術してよくなるかどうかは、あなたの坐骨神経痛の「根本的な原因」を突き止めているかいないか? 

残念ですが、これしかありません。

 

 

 

6ストレッチやヨガを続けているのになかなかよくならない理由

 

無理やり伸ばすと筋肉や関節を硬くしてしまう

 

ストレッチとは英語で『引き伸ばす』という意味です。

古くなった輪ゴムを無理やり引き伸ばすと、ブツンと切れてしまいますよね。

これは筋肉でも同じことで、弾力のない状態で伸ばすと、筋肉を壊してしまう危険性をはらんでいます。

それだけではありません。 もともと関節は押し付ける力に強く、引っ張る力に弱くできています。

そのため、痛みのある関節やその周辺を無理に伸ばすと、関節を壊してしまうおそれがあります。

ストレッチを繰り返して少し柔らかくなったような気がしても、関節を壊してしまっては元も子もありません。

本来ストレッチは、運動前の準備として軽く行ったり、運動後や筋肉の疲労に対して血流を促し疲労物質を流す目的で行うものです。

ストレッチを行う場合は、本来の目的を理解してくれる先生のもと、行うことが望ましいですね。

 

 

 

このように、一般的な坐骨神経痛への対応が、いかに部分的なものであるかお分かりいただけたと思います。

長期にわたる痛みの原因は、多くの場合なんてことない日常生活の中に隠れています。

中でも坐骨神経痛は

「生活環境」「骨盤の動き」「重力に対する全身のバランス」という3つの要素が絡み合って痛みの原因となります。

これらをトータルで診ていくことが根本的な解決につながります。

 

 

そもそも坐骨神経痛とは?

産後 骨盤 画像

 

 

坐骨神経痛の症状は人によって様々。

下記のような症状が坐骨神経痛の代表的なものです。

あなたの症状に当てはまるかどうか、チェックしてみてください。

 

お尻から足にかけて、ズキズキと激しく痛む

腰に鈍い痛みが長時間続く

前かがみで重いものを持ち上げた時に、お尻に痛みを感じる

長時間歩いたり、同じ姿勢を続けると腰が痛くなる

寝ていると腰が痛くなり、横向きなど一定の姿勢を取ってしまう

朝起きた時に一番腰が痛い

1日の終わりが近づくと徐々に足の痛みが増す

足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない

痛む方の足は接地の際、内側を向いている

痛む方の足はひどく冷えており、血流が悪い

 

 

坐骨神経痛による「痺れ」の感じ方は人それぞれ?

 

坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が何かの原因で圧迫され、痛みやしびれが生じている状態です。

臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、時にはかかとや足の裏まで痛みが広がる場合もあります。

症状としては、ビリっとした痛みやしびれた感じ、触った時の感覚が他と違うなど…

症状の強さや不快感の度合いには個人差があります。

また、症状出現のタイミングも様々で、以前からの違和感が徐々に痛みに変わる場合や、突然太もも付近の痛みやしびれが現れるケースまでいろいろあります。

更に、一言で「しびれ」と言ってもその内容は様々で、患者さんによって表現の仕方が違います。

じんじんする・つっぱる感じ・熱い感じ・血が通ってない気がするなど、本当に様々です。

中には、太ももの筋肉痛や肉離れなどと思い、1~2週間様子を見たが症状に変化がないので来院されたという方もいます。

 

また、坐骨神経痛とは傷病名ではなく状態を表す言葉です。

頭痛や腹痛のように、それ自体は病名ではなく、あくまでその様子を示したものです。

よく「以前、坐骨神経痛だと言われた」という方がいますが、それは痛みの場所と症状を指し示してそう呼んだにすぎません。

病院でレントゲンやMRIを撮って「坐骨神経痛」と言われた方もいらっしゃいますが、たいていそれは確定診断ではなく、原因が分からなかったときにとりあえず使う言葉です。

言うなれば、あなたは「足に痛みとしびれがありますね」と言われただけのことなのです。

 

坐骨神経痛=足のしびれ

 

一番大切なことは、坐骨神経痛を引き起こす原因を取り除いていくことです。

原因を取り除かない限り、一旦症状が消えたとしても、根本的な解決にはなりません。

根本的に解決していくためには、関節と筋肉のスムーズな動きを取り戻すことと、正しい体の使い方と正しい歩行の方法を習得していくことが重要です。

 

 

坐骨神経に障害が起こる2つの原因

 

坐骨神経痛及び腰痛を訴える人のうち、原因を特定できるのは約15%程だといわれています。

特定できる原因として多いのは、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。

この2つの疾患では、坐骨神経痛を訴える患者さんが特に多いようです。

 

原因1:坐骨神経痛の原因で最も多いと言われているのが腰椎椎間板ヘルニア

<メカニズム>

背骨と背骨の間にある椎間板が、正常な位置から外に飛び出した状態を『ヘルニア』といいます。

しかし、椎間板はゴムのように柔らかいため、少し飛び出したくらいでは神経を直接圧迫することはありません。

実際、坐骨神経痛や腰痛の症状のない人でも、MRIで椎間板の飛び出しが見つかった…というのはよくあることなのです。

このことからも分かる通り、少しくらいの椎間板の飛び出しは、坐骨神経痛の決定的な原因とは言えないでしょう。

 

 

原因2:腰部脊柱管狭窄症と診断されるもの

<症状>

安静にしていればそれほど痛みはありませんが、歩くとお尻から足にかけて痛みやしびれが出てきます。

そのため、長い距離は歩けないけれど、少し休憩するとまた歩けるようになる…ということを繰り返します。

これは間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれ、脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

安静にしていればそれほど痛みはありませんが、歩くとお尻から足にかけて痛みやしびれが出てきます。

 

<メカニズム>

背骨の中に“脊柱管”という神経が通る道があるのですが、腰の部分の脊柱管が背骨の変形などによって狭くなり、神経を圧迫することで症状が発生します。

背骨の変形の原因は、簡単に言うと長年にわたる腰への負担です。

日常的に腰に負担のかかるプロのスポーツ選手にも、画像診断でこういった変化を読み取ることが出来るそうです。

しかしこの場合は、必ずしも症状が出るとは限らないようです。

脊柱管狭窄症の特徴として、腰椎椎間板ヘルニアに比べ中高年に多いことが挙げられます。

同じように脊柱管内が狭くなっていても、脊柱管狭窄症の症状は若い世代には現れにくく、中高年に現れやすいのです。

 

 

ヘルニア・狭窄症はしびれの原因ではない?

 

ここまで、坐骨神経痛の原因として多いとされる腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症を例にとって、画像診断上の所見と実際に症状が出るかどうかは、必ずしも結びつかないということをお話してきました。

 

それでは、なぜしびれは起きるのでしょうか?

そして、画像診断上同じような所見があっても、症状が出る人と出ない人がいるのはなぜでしょうか?

 

 

しびれのメカニズム

 

まずは、しびれのメカニズムについて、正座した時の足のしびれを例にとって考えてみましょう。

 

正座をすると、おしりから足に続く神経が体の重みによって圧迫され、引き伸ばされます。

この状態が長く続くと、知覚を伝える末梢神経の機能が低下し、そこに異常電流が流れ始めます。

この電流こそがしびれの原因。つまり、ジンジン・ビリビリするしびれは末梢神経が異常を知らせるサイレンというわけです。

 

坐骨神経痛によるしびれも、これと同様のメカニズムで起こります。

体の土台である骨盤が左右どちらかに傾くと、腰の背骨もバランスをとるため傾きます。

そうすると、背骨の横を走る神経にも引っ張られる力が変わります。

背骨が左に傾けば右の神経は引き伸ばされ、右に傾けば左の神経が引き伸ばされます。

このような姿勢が長時間続いたり、あるいは癖になってしまうと、神経がダメージを受け痛みやしびれにつながるのです。

 

次に考えられる原因として、椎間板や背骨についている靱帯、脊柱管内の細胞の水分量が挙げられます。

人の体は、体重の約60%くらいが水分であると言われています。

ただ、水分の量は赤ちゃんから高齢者へと年齢を重ねるにつれてだんだんと少なくなっていき、赤ちゃんの体内水分量は70~80%、80歳を過ぎた方では50%くらいだそうです。

水分量が低下すると、細胞の弾力がなくなり、柔軟性が低下します。

これが神経周辺の細胞で起きたら…もうお分かりですね?

同じように神経を圧迫するにしても、軟らかいゼリーで圧迫するのと硬いグミで圧迫するのでは、ダメージの大きさが全然違います。

ちなみに、体内水分量には個人差があり、同じ年齢の方でも比較的多い人と少ない人がいます。

特に、関節周辺の水分量は、その年齢までの活動量や歩行量に比例しているのではないかと考えられています。

 

こういったことから、当院では画像診断上の所見の有無にかかわらず、症状の出る方と出ない方がいらっしゃるのではないかと考えています。

 

 

当院での改善法

施術 風景

 

坐骨神経痛の症状や原因は人によって様々です。

 

当院での施術は、あなたの生活環境や仕事、趣味・スポーツ歴・病歴・過去のケガなど、

今のあなたを形作っている“背景”を把握することから始まります。

 

そして、症状の根本原因が何なのかを突き止め、どうやって取り除いていくかを一緒に考えます。

 

言うまでもなく、これは症状を改善していくうえで非常に重要なプロセスですが、

洗い出した原因のすべてを一度に変えていくことはとても困難です。

なぜならそれは、大抵あなたが長年当たり前にやってきたこと・自分なりに考え取り組んできたこと・良かれと思って続けてきたことだからです。

ですから、ここは焦らずに、できるところから少しずつ取り組める形の提案をしていきます。

 

 

坐骨神経症状に対しての直接的アプローチ

 

当院の坐骨神経痛に対するアプローチを一言でいうと、「背骨の本来の動きを取り戻し、変性した組織の再生を促す」ということです。

まず、脊柱全体が連動してスムーズに動くよう土台となる骨盤の動きと傾きを改善していきますが、そのためには単にズレや歪みを見るだけでは不十分であり、骨盤を構成する関節部分への繊細な調整が不可欠となります。

このような調整を行った上で、腰周辺の固くなってしまった筋肉や、腰の動きに連動する全身の筋肉・関節をチェックし、動きに制限をかけている部分を見つけて解きほぐしていきます。

 

症状発生から時間が経つにつれ、筋肉や軟骨などの柔らかい組織は変性といわれる組織変化を起こします。

これは、長年悩まされていた方ほど回復まで時間がかかることを意味します。

一度変性した組織はもう戻らないのでは?と不安に思われるかもしれませんが、ご安心ください。

実は、人間を含む全ての生き物には「必要とされる働きに応じて組織が修復される」という素晴らしい機能が備わっているのです。

当院で積極的に行っている栄養指導・運動指導は、変性した組織の修復を促すためのものです。

運動指導について補足しますと、来院時に行うもの、ご自身で取り組んでもらうものを合わせると、実に豊富なバリエーションになります。

その中から患者さんの体力や回復状況、ほかの症状に合わせてプログラムを選び、実際の施術と組み合わせて行っていきますので、当院の施術は完全なオーダーメイドと言えます。

ひとりひとりに合わせて、毎回しっかりとお話しを聞き、体の状態に合わせて過不足のないよう施術・指導していきますので

 

整形外科や整骨院に通ったがなかなか症状が改善しない

長年の症状だから諦めている

仕事やスポーツの負担が大きいので仕方がない

 

こんなふうに思われている方は、是非一度いらしてください。誰でも本気になればきっと改善できます。

当院の施術でたくさんの方が改善してきました。今度はあなたの番です!

あなたにお会いできる日を楽しみに待っています!

 

お試しキャンペーン 初めての方限定 ホームページを見て

メールフォーム

 

他院との違い 5つの理由

1.安心・納得の充実したカウンセリング

当院のコンセプトは、

「納得して施術を受けていただくこと」

 

「検査もせずに、うつ伏せにさせてすぐ揉む」などということはしません。

まずは必要な検査を行い、お体の状態を把握し、現状や施術についてわかりやすく説明してから施術に入ります。

もしその時点でご納得いただけない場合は、そのままお帰りいただいても結構です。

大切なのは患者様と施術者の信頼関係です。

二人三脚で症状改善と、快適で健康な毎日を目指しましょう。

 

2.根本改善とアフターフォローで痛みがぶり返さない

根本をしっかり改善するので、症状が再発しにくいお身体に。

さらに、今の体の状態に合った日々のセルフケア方法や、施術効果を長持ちさせる方法などもお伝えするので、ご自身でメンテナンスをして快適な状態をさらに持続させられます。

 

3.ボキボキしない、ソフトな施術

首の体操

強い施術の方が効くと思っていませんか?

強い力で痛い施術をされると「されてる感」はしますよね。

しかし、人間の体は痛みを感じると、防御反応で筋肉を固めてしまいます。

強い施術は体を緩めるには逆効果。それどころか、体のバランスを壊して腰痛をひどくしてしまいます。

当院の整体はとてもソフトでボキボキするような施術は一切行いません。

 

4.経歴15年、臨床経験豊富 院長自ら責任を持って施術

豊富な知識・高い技術を持った院長が自ら施術を行います。

治療院業界ではどうしてもスタッフだと施術の質が落ちることが多いですが、当院ではそういうことは一切ございません。

また、常に最新の技術や知識を習得して高いレベルの施術ができるよう、現在でも年間30回以上勉強会に参加するとともに、自身でも技術セミナー講師 としても活動しています。

 

5.本物のオーダーメイド施術

「病院では薬やシップだけ…」

「整骨院では毎回同じ施術…」

「通院のたびに担当の先生が変わり、毎回施術方針が違う…」

これらは他院に通っていた患者さんからよく耳にする言葉です。

お体は常に変化していくものです。マニュアル化された流れ作業のような施術を漫然と続けてもお体が良くなることはありません。

ましてや、毎回方針が変わるような行き当たりばったりの施術は問題外です。

当院では、その時々のお体の状態を見ながら、院長自らがカウンセリングから施術までを責任もって担当し、常に最善の施術をいたします。

その日の状態や症状にもフォーカスして施術していきますので、毎回同じ施術になることはありません。

 

プロの治療家から
推薦の声を頂いています!

 

患者さんの想いに寄り添う先生です


おかの整骨院
院長 
岡野 周太朗 先生

千葉の成田で整骨院を開業している岡野周太郎と申します。
治療院選びをされるときの不安って何がありますか?
技術?先生の人柄?設備?金額? 色々ありますよね?

笠井先生は 特に最初に挙げた二つ。
技術と人柄、ここについては本当に間違いのない先生です。 とりわけ、患者さんの想いに寄り添うという点では本当にすごい先生です。

ついネガティブになってしまう気持ちをちゃんと支え、患者さんの体の問題点、不安から考えてくれます 技術の高さだけでなく、長く長く悩んでいる体の辛さには回復するのに一緒に頑張ってくれるパートナーが必要です。
是非、一度相談してみてはいかがでしょうか?もしお近くで困っているようでしたらお勧めします。
あなたの今悩んでるお体とその不安をちゃんと受け止めてくれますよ。

 

同業者からの信頼も厚い先生です


ニュートラル
院長 梅原 裕介 先生


笠井先生は自分を磨くことに手を抜かない真面目な方です。
一見、穏やかで物静かに見えますが、治療にかける情熱は並々ならぬものがあります。
高い技術、知識を持ちながらも、偉ぶることなど全くなく 常に患者さんの心に寄り添い、的確な施術と分かりやすい説明を心掛けていらっしゃいます。
同業者からの信頼も厚く、私もその一人ですが、その知識の豊富さにはいつも驚かされます。
プロの私でさえ、笠井先生の施術を受けることのできる地域の方々は本当に幸せだと羨ましく思います。
自身のお体を本当に大切に思っているなら、当然プロが身を預けたくなるような本物の先生に診てもらいたいですよね。
もし、このHPをご覧のあなたが、

●どこに行っても治らない
●もう治療院巡りを終わりにしたい
●単なるマッサージではなく、身体を根本的に改善したい

このようにお考えなら、ぜひ笠井先生に相談してみてください。 きっと期待に答えてくれるはずです。

 

安心感を自然と与えてくれる先生です


ウェルネスかつしか
院長 坂田
 靖延 先生

都内で整骨院をしております。 坂田と申します。
皆様は自分の体を誰かに治療してもらう時に何を基準にしていますか?
私は正直、安心感があるかないかです。技術はどちらの先生もあって当然だと思っていますので。
笠井先生は私に取ったらお兄ちゃんみたいな存在です。
顔を見たら一番に話しかけたい。
そんな頼りたい気持ち、安心感を自然と私に与えてくれます。
治療が私に合うかな、この先生は私を理解してくれるかな。 なんてお悩みを抱いている方、この笠井先生は体は小さいですが、全てを受け入れながら、 あなたを必ずゴールに近付けます!
ぜひ、笠井先生を信じて見てください!私が保証します!

 

お試しキャンペーン 初めての方限定 ホームページを見て

メールフォーム

 

 

会社概要

アイリス整体院(接骨院・鍼灸院併設)

住所 : 〒769-2705
香川県東かがわ市白鳥267-1
電話:0879-49-0951